人との出会いは形が決まっているわけではありません。
出会いの形の中にインターネットを使用する手段があります。
インターネットを通じて付き合うようになり最終的には結婚したという人もいます。

しかし、世間ではこのような話よりもインターネットで出会った人と直接会って事件に巻き込まれてたという話の方が多いです。
このようなニュースが耳に入ってくると、インターネットの出会いはあまり良い印象にはなりません。

現在、出会い系サイトを利用していなくてもソーシャルネットワークを使用している人が多いです。
企業の説明会をソーシャルネットワークで募集したという話もあるほどです。
人事担当がはやりに敏感な人材を欲しかったためそうしたそうですが、現在はこのような環境になってきています。

出会い系の場合はまいなしメージですがソーシャルネットワークに対してはマイナスイメージがあまりありません。
実際に、ソーシャルネットワークで仲間を作ったりしている人は多いですし、使い方次第では自分によって良い場合もあります。
しかし、インターネット上の出会いであることには変わりありません。

もし、出会った人がいて直接会ってみるということになった場合はためらうこともあるでしょう。
そういった気持ちになった場合はあえて合わないという選択肢もあります。

理由はいろいろあり、人それぞれではないかと思います。
まず犯罪に巻き込まれたくはないという思いがあるでしょう。
確かに、出会い系サイトで出会ったわけではなくても心配は心配です。

また、インターネット上では楽しくても実際に会うとそうでもないという場合もあります。
インターネット上では会話が得意でも人と直接会って話すと極端に口下手になる人もいます。

実際に会ってみないと何とも言えないのですが、イメージを崩さないために会わないという選択肢もアリだと思います。

連絡の催促はしない

最近では、携帯電話があるので、異性との連絡も非常にとりやすくなっているということができるでしょう。
しかしこの連絡方法が手軽になったことで、異性の間でトラブルに発展をすることも多くなってきているといわれています。
その中でも代表的なのが、相手に連絡の催促をしてしまうという行動です。
この行動は、異性と付き合うかどうかというときにおいては、最もNGな言動の中の一つということができるでしょう。
確かにメールを送ってもなかなか返信がこないという状況は不安にさせるかもしれません。
また電話をかけてもつながらないということになれば、いらいらすることもあるかもしれません。
このときに「なんで返してくれないわけ?」とやってしまうと、人間関係がぎくしゃくしてしまうわけです。
付き合うか付き合わないかの時期に、連絡の返事の催促をそれこそ、その都度求められれば、相手も嫌になってしまいます。
「うざい」と思われても仕方ないかもしれません。
また本格的にお付き合いをなった時のことを想像してみましょう。
より、相手に対する束縛が強くなってくることは、火を見るより明らかです。
そうなると、普通は、付き合っていても、多少は自由も欲しいという人が多いかと思われます。
その結果「付き合っても面倒くさそうだから、いいや」ということになってしまう可能性が高いのです。
返信がこないということは、不安なことかもしれません。
しかしその自分の不安を解消するために、わがままな行為をしてしまうと、それが自分の恋愛の道をも閉ざしてしまうことになってしまうかもしれないわけです。
相手にも、人格があって、異なる考え方や感じ方、行動の仕方があるということを理解しましょう。
そのうえで、相手の言動についても、多少の敬意を持つようにすべきなのです。
多少連絡がつかなかったとしても、あわてず騒がず、じっと待つということも、時には求められる異性への態度ということになります。